UA-115196179-2 背中のニキビどうにかしたーい! | 🌸美肌人

背中のニキビどうにかしたーい!

夏になり薄着の薄着の季節になると、気になる背中のニキビ。 そのせいで着たい洋服が着れないのはブルーですよね。また、自分では見えにくいので、悪化してしまいがち・・・。ここで理解を深めて、もう吹き出ものやニキビのないすべすべの背中になって、夏を思いっきり楽しみましょう!

背中ニキビの原因

ニキビは通常、睡眠不足やストレス、偏食や運動不足、不規則な生活によりホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下することによりできます。
ストレスがたまると、男性ホルモンが分泌されます。そうすると皮脂腺が刺激されて皮脂が過剰に分泌、角層が角化異常を起こし毛穴の出口を塞ぎます。
毛穴の中で皮脂がつまりアクネ菌が増殖、炎症が起こり毛穴の周りは赤く腫れあがります。
★参考記事★
ニキビとは、毛穴に皮脂がつまり炎症を起こしている状態です。誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。管理人ももう20年以上ニキビに悩まされ...
また、背中ならではの理由が以下の通りです。

・皮脂腺が多い

背中は体の中でも顔の次に皮脂腺が多い場所で、背中の肩甲骨のあたりに皮脂腺が集中しています。この活発な皮脂の分泌で、ニキビができやすいのです。

・毛穴の構造

背中に生えている毛は産毛程度です。頭皮のように毛が太い場合は、毛の成長とともに皮脂の排出もスムーズに行えますが、背中は皮脂の分泌が多い割には毛が細いので、毛穴と毛の間に隙間があり、この隙間に皮脂が詰まりやすいという構造のようです。

・寝具や衣類によるこすれや蒸れ

直接肌に触れる寝具や衣類による刺激も背中ニキビの原因になります。汗による蒸れや、不衛生な状態だと菌の繁殖につながります。

・シャンプーやトリートメントが残ってしまっている

髪を洗ったときのシャンプーやトリートメントが背中に残っていることも原因の一つ。トリートメントはサラサラつやつやにする成分が入っているので、ヌルヌルとして肌に残りやすいので、そのまま毛穴を詰まらせて背中ニキビの原因に。

・きちんと洗えていない

自分では手が届きにくいため、しっかり洗えてないことが多く、逆にナイロンのタオルなどでゴシゴシと洗ってしまて肌を傷つけてしまいがち。しっかりと汚れを落として、且つ必要なうるおいが残っているような状態でいつも背中を洗うのは、中々難しいですよね。

・目が届きにくく重症化しやすい

顔にできる吹き出物は小さなものでも気づきますが、背中は見づらいので、大きく腫れあがってから気づくことも多いのではないでしょうか。できてからも中々治りにくいのも背中ニキビの特徴ですね。

背中ニキビの予防

・お風呂では固形石鹸と綿タオルを使いましょう


体を洗うときは、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗うのは避けましょう。悪化して、シミやニキビ跡になる可能性もあります。綿のタオルで優しく洗うことが大切です。
また、洗
浄剤はボディソープではなく、固形の石鹸がお勧めです。ボディソープは界面活性剤が多く含まれているので、刺激が強く、また洗い上がりにしっとりするように油分が含まれていますが、この油分でニキビができやすくなります。できれば泡立てネットできめ細やかな泡を作ってから洗うと毛穴の汚れを十分洗い流してくれるでしょう。お風呂から出たら、ここでもタオルでゴシゴシ拭かずに、優しくふき取るようにしましょう。

・シャンプートリートメントは、体を洗う前に済ませよう

体を洗った後に髪を洗うと、そのシャンプーが背中や胸に残ったままになり肌への刺激になってしまいますので、髪を洗ってから体を洗うようにしましょう。

・寝具や衣類は清潔で吸収性が高く、肌への刺激が少ないものを選びましょう


背中のニキビは汗や洋服の刺激で悪化することがあります。夏は、汗をこまめにふき取り、朝晩はシャワーを浴びて汗を流しましょう。また衣類は、吸水性がよく肌障りのよい綿素材がお勧めです。チクチクする素材を着ただけで悪化することもあるからです。また、肌に直接触れる寝具も常に清潔にするようにこまめに洗濯をしましょう。

・ビタミンC誘導体配合の化粧水を塗る

乾燥もニキビの原因になってしまいます。皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体の化粧水を背中に塗るとベストです。

 ・規則正しい生活を送る

バランスよい食事を心がけ、甘いものや脂っこいものは減らしましょう。脂肪の代謝を促し、肌の調子を整えるビタミンB、Cやミネラル、抗酸化作用があり皮膚の機能を保つビタミンA、Eを積極的に取りましょう。寝不足は、免疫力が低下して、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまいます。なるべく12時までには就寝し、十分な睡眠を取りましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク